従業員

債権管理について|スピーディーに作業が進む

活用法とメリット

依頼者に代わって電話の応対を行うサービス業者のことを電話代行業者といいます。歴史は古く1960年代から行われて来ています。都会の一等地に事務所を構えて事業を遠隔地において行うバーチャルオフィスの利用では転送電話の番号を設定していると都内で受注して仕事を請け負うこともでき利用者も多いとされています。

マニュアルにも品質を

業務遂行や社内教育のためのマニュアル作成には、近年「マニュアル作成ソフト」が利用されるようになっている。マニュアル作成業務の効率化やコスト削減に貢献するだけでなく、それを見る社員にも視覚で訴え、業務遂行や品質向上にも役立つため、設備投資の一貫として検討すべきものである。

人材育成から人材活用へ

企業の人事は適材適所の人材配置に着目しがちですが、近年では人材育成の重要性が高まっています。これからの時代に必要な人材を社内で計画的に育成し、戦略的な人事マネジメントに転じる企業が増えているのです。このようなタレントマネジメントを導入することで人材活用の幅が広がり、企業体質も変わります。

資金回収を上手くやるコツ

PCとお金

得意先である相手企業に金銭を貸した場合、返済が完了するまでは管理を行う必要があります。企業が営業活動していく中で、得意先へ掛売りしたり資金を貸し付けるといった局面はしばしばあります。基本的に日本においては信用取引という前提の下で営業活動しているため、取引先を信用して後日債権を回収するということがある種の慣例となっています。しかも近年では企業活動の幅が増えていることに伴って、こうした取引も増加しているのが現状です。このため多くの企業では適切な債権管理を行うため様々な工夫を凝らしています。そんな中で、売掛金や貸付金などの債権を一元的に管理する債権管理システムが注目を集めています。債権管理システムを導入することで、様々なメリットが得られるのです。導入メリットとしては、入金状況が迅速に判明する点が挙げられます。どの債権がいつ入金されたのかといった情報がシステムによってすぐに把握することができます。また債権回収の業務が効率良く行える点もメリットと言えます。取引先ごとに債権の状況が掴めますので、催促する際にもスムーズに行うことができます。さらに債権管理が効率的に行えることからコスト削減にもつながるといったメリットもあります。効果としては、まず債権の督促漏れを防ぐといったことが挙げられます。数多くの債権を抱える企業ほど督促が怠りやすくなります。このシステムを活用すればそうしたリスクを低減させることができます。また会計システムと連携することにより仕訳や記帳作業が効率化されるといった効果もあります。